請求することが出来る

過払い金は昔からあったのです

過払い金は昔からあったのですが、それが話題になったのは国会で取り上げられたからです。そのときに、グレーゾーン金利という存在を知った人が多かったのです。 過払い金というのは、グレーゾーン金利で借りていたからこそ、発生するものです。ちなみにグレーゾーン金利はあくまで違法ではないのです。違法金利ですと元金すら返還してもらうことができます。借りたものすら返す必要がない、という判例が出ています。ですから、過払い金というのはお金を借りていた人にのみ発生するのです。 しかし、今後は過払い金は減ることが確定的です。そもそもグレーゾーン金利が存在しなくなったからであり、これからは過払い金請求は過去のものばかりになります。

過払い金返還請求の今後について

過払い金返還請求の今後の動向で注意しなければならないのが請求権の時効です。過払い金返還の請求権は、同じ業者と最後に取引をしてから10年間で消滅します。過払い金返還請求が注目されるよりも前に完済している人は、自分が該当していないか確認が必要です。 また、金融機関の倒産にも注意が必要です。グレーゾーン金利が廃止され、過払い金返還請求が殺到した時期に、これによって大きな負債を抱えた金融機関が倒産した事例があります。この場合、返還請求で取り返すのが困難になります。 現在は過払い金返還請求の総数が減ってきているため、金融機関の経営状況に与える影響は少なくなってきていますが、それでも経営状況の悪化で倒産する危険性はあります。そのため、既に完済して請求しても個人信用情報機関に事故情報が登録されない状態であれば、早めに請求した方が良いです。