設立する

会社設立手続きは決して難しくありません

個人事業主が法人成りをする。また新規で事業を始めたい。会社を設立する理由は様々ですが、会社設立手続きをしなければならないことは一緒です。会社設立手続きを司法書士や税理士、行政書士などに依頼するとかなりの金額を請求されることになります。もちろん、手間暇がかからない上、専門家が手続きを行ってくれるため安心はできます。しかし、会社設立当初は資金が乏しいことが通常です。少しでも資金を節約するために、ご自身で会社設立手続きをされてみてはいかがでしょうか。手続きは決して難しいものではなく、最高でも242,000円、最低では202,000円で会社設立をすることができます。ではどのようにすれば安く会社設立ができるのか見ていきましょう。

法定費用のみで設立手続きを済ませよう

現在では資本金1円でも会社設立が可能となりました。また資本金1000万未満であれば、消費税の免税事業者になれるため、ここでは資本金1000万未満を前提に話をしていきます。会社設立をする際、必ずかかる費用があります。これは法定費用と呼ばれるもので、公証役場や法務局へ登録免許税を支払わなければなりません。通常司法書士などの専門家に依頼すると、この法定費用に加え、司法書士などへの依頼手数料が上乗せされます。しかしご自身で会社設立をする場合では、法定費用のみ支払えばいいことになりますので、安上がりで済むことになります。まず会社設立をする際には、定款を作成しなければなりません。この作成した定款を公証役場で認証してもらう必要があります。その際かかる費用は、52,000円と印紙代の40,000円。もし電子定款を作成していれば印紙代はかかりません。そして法務局への登録免許税は、150,000円かかります。合わせると紙の定款であれば242,000円。電子定款であれば202,000円で、会社を設立をすることができるのです。

設立のサポート

会社設立をひとりでやろうとすると、それはなかなか大変です。というわけで自然と、専門業者にお手伝いを依頼したほうがいいということになります。特にお役所的な仕事に関しては、専門家の知識と技術が必要不可欠です。

Read More

請求することが出来る

借金をするとき利息を支払いますが、その利息を払い過ぎている可能性があります。そのことを過払い金といいますが、過払い金は期限内であれば取り戻すことが出来るお金なので、まずは調べてみるといいでしょう。

Read More

弁護士に相談

離婚問題はとても複雑なもので、様々な要因が絡み合ってきます。問題解決には弁護士への相談がベストでしょう。離婚に関する問題をメインに扱っている弁護士もいるので、そういった人を探しましょう。

Read More

税理士を頼る

税金のプロである税理士に、税金問題は任せましょう。企業が税理士と提携を結ぶことは多いですが、個人でも相談することが可能です。税理士が取り扱っているものは数多くありますので、まずは相談から始めましょう。

Read More

相続の問題

家族が亡くなったときに相続権が発生しますが、家族の形はたくさんあるので、複雑な家庭であればあるほど問題が起きてしまいます。相続人に誰がなるのかをしっかりと確認する必要があります。

Read More